早川 太基

早川 太基​

弁護士

Biography

早川太基弁護士は主にM&A案件、商業リースの交渉、企業法務など様々な分野で日本とハワイの企業を支援するだけでなく、ハワイでは数少ない、日本語の通じる弁護士として民事訴訟・紛争解決、又は保険適用方などの案件も取り扱っています。日本語・英語の理解はもちろんですが、ハワイという、アメリカの中でも特殊な多国籍の環境で、日本文化を理解する両親のもとで生まれ育った文化的背景を活かし、ハワイに進出を試みる投資家や企業の支援を得意としています。

早川弁護士は前職でも数々の民事訴訟案件を取り扱ってきたため、商取引・契約書作成の際には、「当事者間の紛争の事前想定」、「いざ、訴訟になればどの法的論点を争うか」などといった紛争予防・紛争解決の観点から、お客様のリスクを最小限に抑えるアドバイスを提供するように心がけています。

早川弁護士は、ハワイ州法科大学院(ウィリアム・S・リチャードソン)から卒業しました。在学中はリーガルプラクティス1のクラスで最高成績を獲得し、ハワイ法科大学院のローレビュー(法学雑誌)の編集者を務めました。また、同じく在学時には、バージニア・クランダール判事の法務書記を務め、卒業後はダウンタウンの訴訟専門弁護士事務所にて実務経験を積みました。2019年には日英バイリンガルの法律事務所に入所し、主に一般法務・渉外案件について、法務面から経営者の皆様の支援を行いました。

2022年7月に、「お客様が本当に求めている質の高いカスタマーサービス」と「専門性の高い法務知識」を最優先にし、クライアントと同じ感覚を持つ弁護士として、マロッツ弁護士と共にアドビス法律事務所を設立しました。

学歴​

弁護士資格

栄誉

所属・活動​

スピーカー